絵本とむかしばなし

小学校で絵本の読み聞かせや昔話のストーリーテリングをしています。楽しいお話、心温まるお話をいろいろご紹介していこうと思います。

『雪の女王』

アンデルセンの名作

 魂の奥深くに響く絵本です。

雪の女王?七つの話からできている物語 (世界傑作童話シリーズ)

中古価格
¥1,199から
(2021/1/16 14:21時点)

 読み聞かせ目安  高学年  ひとり読み向け

  あらすじ

 ある日、悪いトロル《悪魔》が、鏡をひとつ作りました。その鏡は、良いものや美しいものが小さく見え、役に立たないものや醜いものが、のさばって見える鏡。世界を歪んで見せる鏡でした。

ある時、トロルたちがこの鏡を、高いところから落っことし、その時、何千万、何億もの鏡のかけらが、広い世の中に飛んでいきました。そして、この鏡のかけらが、目に入った人は、何もかもをあべこべに見たり、悪いようにばかり見ることになってしまったのでした。

 

あるところに、カイという名の男の子と、ゲルダという名の女の子がいました。二人は隣り合う家に住み、とても仲良しでした。

ある日のこと、ふたりが仲良く絵本を読んでいると・・・、

 

「あ、いたい!胸がちくっとした!おや、こんどは、なにかが目にはいったぞ!」

 

カイの目と心臓に、あの悪魔の鏡の粒が、入ってしまったのです!

その時からカイは、ひどくいじわるな男の子になってしまいました。人をからかったり、意地悪なことばかりして、ゲルダを悩ませます。

そしてある日のこと。大きなソリに乗った雪の女王が現れ、カイを連れていってしまったのです‼

カイは、冷たい雪の女王に魅せられ、大好きなゲルダのことも、おばあさんのことも、うちのことも、すっかりすべて忘れてしまいました。

 

ゲルダは、カイを探しました。

たったひとりで、ボートに乗って川を下っていくと、魔法使いのおばあさんの家に着きました。

ゲルダは、魔法使いのおばあさんに気に入られ、いっしょに暮らすことになりました。おばあさんは、ゲルダが外のことを思いださないよう、魔法をかけます。

それでもゲルダは、花々を見てカイのことを思い出し、おばあさんの家を出ていきました。

 

ゲルダは、道中出会ったカラスに案内され、ある王女様のお城へいきます。王女と結婚することになった男の子が、どうやらカイらしいと聞きつけたのです。

ですが、その王子は、カイではありませんでした。

ゲルダは、王女様から馬車や暖かい衣服、食料をもらい、お供まで付けてもらって、またカイを探しに出ました。

 

でも・・・、しばらく行くと、王女様からもらった立派な馬車の一行は、山賊たちに襲われてしまいます。先乗りも、御者も、召使もみな殺され、ゲルダも殺されそうになりますが・・・、

 

「この子は、あたしとあそぶんだよ!」

 

小さな山賊娘が止めました。山賊娘は、自分の飼っているハトやトナカイを、乱暴に扱っては喜ぶ、残忍な性格でしたが、なぜかゲルダに魅かれ、ゲルダには優しくしてくれました。

その後ゲルダは、ハトたちから、カイが雪の女王のところにいると聞きます。

山賊娘は、自分のトナカイにゲルダを乗せ、雪と氷の世界ラップランドへと、旅立たせてくれました。

 

ラップランドに着いたゲルダは、ラップ人のおばさんの家を訪ねました。

おばさんは、雪の女王はもっと先の、フィンマルケンにいるから、フィン人のおばさんのところへ行くようにいい、干ダラに手紙を書いてくれました。

 

フィン人のおばさんは、カイが確かに、今、雪の女王のところにいること、目と心臓にガラスのかけらが刺さっていて、雪の女王のところがいちばんだと思い込んでいる、ということを教えてくれました。そしておばさんは、ゲルダの心のなかには、女王に打ち勝つ力があることを教えてくれます。

 

ゲルダは走り、《主の祈り》を唱えました。すると・・・、天使の軍勢がゲルダを加勢してくれました。

雪の女王の城へ着くと、カイは女王のもとで、真っ青になって「知恵の氷あそび」をしていました。氷のかけらを並べて「永遠」という文字が作れたら、カイは自由の身になれるのですが、カイにはそれができません。

そこへゲルダがやってきて、カイのために讃美歌を歌いました。

すると・・・、カイはわっと泣き出して、あんまり泣いたので、鏡の粒が、目から転げだしました。カイは。ゲルダを思い出し、カイもゲルダも大喜び!!氷の粒まで喜んで踊り、「永遠」という文字ができました。

 

それから、ゲルダとカイは、雪の女王の城を出て、トナカイに乗り、フィン人のおばさん、ラップ人のおばさん、山賊娘のところを通って、家に帰っていきました。

 

 英語絵本をご自宅へお届け!

読んでみて・・・

 有名なアンデルセンの『雪の女王』を、絵本に仕立てたものです。

 

ここ数年、『雪の女王』といえば、すっかり『アナ雪』にもっていかれてしまっていますが、やっぱり、本家本元アンデルセンの『雪の女王』を、今の子どもたちにもたっぷり味わってもらいたいなと思います。

 

この絵本は、一見すると、とても地味です。もう長らく絶版になってしまっていて、中古でしか、もはや手に入らないのではないかと思います。パラパラとページをめくってみると、絵は沈んだ色調、文章は長く、文字数が多いので、ちょっと取りつきにくいかもしれません。ぱっと心が浮き上がるような、楽しそうな絵本には見えません。

 

でも、じっくり読み込んでみると、とてもとても深い味わいがあります。

 

墨を流したような、グレーがかった色彩。

北欧の冷たく厳しい気候、カイを探すゲルダの旅路の険しさが、染み入るように伝わってきます。

漆黒の夜空に瞬く大きな月を背景に、真っ白なソリに乗って空を飛ぶ雪の女王は、威厳に満ちて美しく、瞳は氷のように冷ややかに澄んでいます。雪と氷のきらめきを、身にまとった女王の気品高い美しさは、出会ったカイを魅了し虜にしてしまう、ぞっとする魔力を持っているものだということが見て取れます。

 

不気味なカラスの群れ。

寒風に吹きさらばえながら、さまよう小さなゲルダ

夢のなかを走りすぎる、馬に乗った狩人や紳士淑女の影の数々も、あてどなくさまよう不安なゲルダの心の投影のようです。

 

北の果てにある、凍てつく大きな氷山のような、雪の女王の氷の城。

真っ暗な中にそびえる氷の城は、黒く、そして氷のように冷たくなったカイの心を、固く閉ざし、堅牢に取り囲んでいるようです。

 

そう。この絵本の絵は、まさに心象風景の表象。

歪んだ心、醜い心を解きほぐし、清らかな心の世界へ導いていくことの、困難、厳しい道のりを、カイを救うゲルダの険しい旅路を描くことで、表現しているのだと思います。 具象と抽象が織り交ざったような、高度に研ぎ澄まされた、美しい表現です。

 

ゲルダを乗せた山賊娘のトナカイは、フィン人のおばさんに、ゲルダ雪の女王に打ち勝つ力を付けてくれるよう頼みます。でも、フィン人のおばさんは言います。

 

「わたしには、ゲルダが今もっているより大きな力を、あの子につけてやることはできないよ!あの子の力がどんなに大きいか、おまえにはわからないかい?ほら、人間でも動物でも、あの子になにかしてやらずにはいられないだろ?そこで、あの子は、はだしのまんまで、この世界の果てまで、ぶじにやってきている、・・・・・・それが、わからないかい?あの子は、力なんてものを、わたしから教えてもらうことはない。その力は、あの子の心中にちゃんとある。あの子が愛らしくて罪のない子だというのが、りっぱな力なのさ。」

 

 無償の愛。穢れない清らかな心。それこそが、歪んだ心、醜い心を打ち破り、悪に囲まれ閉ざされた氷のような冷たい心を、「永遠」という自由へ解き放つ、唯一最大の力なのだと教えてくれます。

野蛮な山賊娘も、犯しようのない清らかさを持つゲルダには、手出しをせず、惜しみなく手を貸します。無意識裏に、ゲルダの清らかさに憧れ、感化されているのでしょう。

 

 魂の奥深くに響くものを、非常に敬虔な気持ちを、読む者に与えてくれる、とても精神性の高い絵本だなと思いました。

浮足立った面白さ、ワクワク胸躍らせるような楽しさとは、無縁の絵本ですが、これから本格的な読書に入っていく、大きな子どもたちに、ぜひじっくり読み味わってもらいたい絵本です。

絵と物語を、しっかり心に響かせて、読んでもらえたらいいなと思いました。

 

 

今回ご紹介した絵本は『雪の女王

ハンス・クリスチャン・アンデルセン作 ラース・ボー絵 大塚勇三

1979.10.31  福音館書店  でした。

 

雪の女王

ハンス・クリスチャン・アンデルセン/大塚勇三 福音館書店 1979年10月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。


絵本ランキング

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村