絵本とむかしばなし

小学校で絵本の読み聞かせや昔話のストーリーテリングをしています。楽しいお話、心温まるお話をいろいろご紹介していこうと思います。

『ひとりぼっちのこねずみ』

生きる力

優しく暖かく子どもたちを励ましてくれる絵本です。

            

読み聞かせ目安  中学年  10分

あらすじ

こねずみのねずおはひとりぼっち。

お腹をすかせてやせ細って暮らしていました。

そんなねずおのもとに、ある日かわいい雌ねずみのねずこが通りかかり、「ちゃんとした ねずみなら、~」とねずおに周りをよく見るようにとアドバイス。ねずおが何かを見つけるのを、穴の中で待っていると告げていきます。

 

ねずおは、はじめすねていましたが、

 

「ちゃんと ねずみらしく やってみろよ!」

 

と自分を振りたて、食べ物を探しに出かけていきました。

 

ねずおが歩いていくと、さくらんぼを食べている鳥や、たくさんの子どもがいる豚のお母さん、子牛を連れた雌牛、子馬を連れた雌馬、ひよこをたくさん連れた雌鶏、ひなを連れたあひる、お百姓さんちの赤ちゃんなどに出会いました。

 

「ちゅう! なんて いっぱい いるんだろ!」

 

そしてある日をきっかけに、ねずおはお百姓さんから、毎日チーズをもらえるようになります。

チーズを食べて力をつけたねずおは、ねずこの穴へ。

いろんなものを見て、チーズも得られるようになったねずおは、ねずこと結婚し、たくさんの子どもをもうけました。

 

「ちゅう! なんて いっぱい いるんだろ!」

                      

読んでみて・・・

素朴に優しく暖かく、「生きる」ということを肯定してみせてくれる絵本です。

 

ひとりぼっちでお腹をすかせ、すねてつまらなさそうに暮らしをしていたねずお。

そんなねずおの所へ、とってもかわいらしいねずこがやってきて、何やら人生を諭すようなことを告げていきます。

それからねずおは奮起して、世の中を見て回り、食べ物を獲得する術を身に付け、めでたくねずこと結婚。子どもをたくさんもうけました。

 

めでたしめでたしなこのお話は、「生きる」ということが何であるかを、多くをいわず語らずのうちに、子どもたちに伝え、「生きる」ということを肯定して見せてくれているのだと思います。

何もなく、何もできずにくすぶっていたねずおが、外の広い世界を見にいって、いろんな生き物の生き方を見る。

それぞれがぞれぞれに暮らしながら、子を産み育てている。

とても単純だけれど、家族を作って、次代に命をつないでいくという、「生きる」ということの抜き差しならない本質を、幼い子どもたちにわかりやすく見せてくれます。

生き物とはこうやって命をつないでいくんだよ。これが「生きる」ということなんだよと。

 

白をベースに、明るいエメラルドグリーンの映えた優しい表紙。

見開きもエメラルドグリーンで、明るく優しく、子どもたちを誘い込むような絵本のはじまりです。

絵本全体も、余白がゆったりと取られていて、伸び伸びとした安心感があります。

はじまりの、ひとりぼっちでやせ細っているねずおの姿は、本当にひょろひょろで、しみったれていて情けなく、ちょっと笑えてしまえます。

「ねずお」という名前も、単純すぎてユーモラスです。

 

でも、このしみったれたねずおくんも、思い切って外へでてみると、一変!

緑の木々の間で、真っ赤な実をついばむ小鳥たち。花咲く野原。

景色は何と明るく色鮮やかで美しく、何かを見つけに人生の旅にでることが、肯定されていることが、語らずとも見てとれるようです。

ねずおが出会う、牛や豚、馬、鶏、お百姓さんに赤ちゃん。みんな表情豊かで、性格まで見えてくるように、生き生きと描かれていて、それぞれの生命が、命のありようが肯定されていることが伝わってきます。

「生きる」ということを励ます力が、伝わってくるような絵本です。

 

最後の、いっぱい子どもが生まれたねずおとねずこの会話もユーモラス。

 

「ちゅう!なんて いっぱい いるんだろ!」

「これは みんな きみの せいだよ」

「これは みんな あなたの せいよ」

「これは みんな ふたりのせい・・・・・・」

 

そして2匹見つめ合うw。

本を閉じた裏表紙にも、見つめ合う2匹がいて、何とも暖かくユーモラスに、生命を肯定している感じがします。

 

とても素朴で単純だけれども、「生きる」ということを肯定し、励ます力のある、明るく美しい絵本です。

人生がまだ始まったばかりの子どもたちに、明るく道を照らしてくれるような、いい絵本だなと思いました。

 

 

今回ご紹介した絵本は『ひとりぼっちのこねずみ』

エゴン・マチ―セン作・絵 大塚勇三

1986.10.20  福音館書店  でした。

ひとりぼっちのこねずみ

エゴン・マチーセン/大塚勇三 福音館書店 1986年10月
売り上げランキング :
by ヨメレバ

 

ランキングに参加しています。ポチっとしていただけると嬉しいです。

いつもありがとうございます。

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


絵本ランキング

 

このブログに掲載している著作物の書影・書誌データ等は、版元ドットコム・各出版社ホームページ・個別の問い合わせ等を経て、使用の許諾を確認しています。